版画の愉しみ

b0145668_955281.jpg


大きな窓から射し込むやさしい光。
目黒区立美術館は自然光に満ちた素敵な美術館でした。
写真はボランティアの方たちで運営されているティールーム。
大きなテーブルについていただくマドレーヌは地域の社会福祉施設の手作りの品。
コーヒーとセットで250円という信じられないお値段で提供されている真心のサービスです。




b0145668_1011390.jpg


開催中の「響きあい、連鎖するイメージの詩情—70年代の版画集を中心に」は館蔵品で繰り広げられる版画のラビリンス。
幅のある豊かなコレクションとその展示の素晴らしさに圧倒されました。
学芸員の方の公的美術館としての認識の深さに敬服。
さまざまな版画の技法、表現の特長、そして言葉と版画のコラボレーション。
どれも興味の尽きないテーマです。
ぜひおでかけくださいませ。



目黒区立美術館の場所

[PR]
by chatnoirN | 2009-08-30 10:12 | 絵画