カテゴリ:器( 56 )

b0145668_1025823.jpg


暑い毎日。
MUJIで出会ったマイマグを使い始めました。
筒の中の紙を変えてオリジナルマグが作れるたのしい仕様です。
薔薇の写真をプリントしてバッグにポトン。
ベンチに座ってのひとやすみはマイマグでにっこり。

MUJIのマイマグ→


※本と古物と波の音。「海の古書店」はゆらりゆらりと営業中です。
[PR]
by chatnoirN | 2010-08-18 10:30 |
b0145668_8381093.jpg




b0145668_8381758.jpg


吉祥寺のランダバウトで求めたガラスの器。
涼しげで軽いので蕎麦猪口にと思いました。
でもご覧の通り、只今つけ麺のタレ用に活躍中です。
息子が作ってくれた「つけ麺」でその美味しさに開眼。
これまでの「食わず嫌い」を反省しました。
この夏はいろんな味を体験してみたいと思っています。
[PR]
by chatnoirN | 2010-07-30 08:49 |
b0145668_11155467.jpg


道を歩いていてふと見上げた窓辺にアンティークのボトルが並んでいました。
古物屋さんでした。
迷宮に足を踏み入れるのを躊躇して、写真撮影だけ。
でもきっと次回、ドアをノックしているような気がします。
古物の誘惑は飴色のガラスのようにしっとりと時間をかけて心に浸透しますものね。
[PR]
by chatnoirN | 2010-06-02 11:21 |
b0145668_10141890.jpg


いつかお訪ねしたいと憧れていたお店が閉店されることになりました。
お花とアンティークの「Nya」さん。
やさしい中に個性が香るお花のアレンジ、そして徹底した審美眼による古物のセレクション。
その空間に身を置くことができたらどんなに素敵かしら。
ちょっと離れたところにあるので「いつか…」と願っていましたが。
せめてHPからお買い物だけでもさせていただきたいと求めましたのが、写真の器です。
モントローのブルーグレイ、心が静かになる色。
添えられた白い花からNyaさんのお気持ちが伝わってきました。

アトモスフェールを閉店して3年。
私の中に残るお店への愛着、そして今もなお支え続けてくださるお客様方のあたたかさ。

Nyaさんの中にきっとお店は生き続けるのでしょうね。
Nyaさんの新しい門出に幸多かれと祈ります。
[PR]
by chatnoirN | 2010-05-23 10:25 |
b0145668_16553525.jpg


自由が丘の「Mieux」で出会った青いアンティークボトル。
アトモスフェールからお客様のもとへ旅立って行ったたくさんのボトルを思い出しました。
みんなきっと幸せにしているわね!





b0145668_16584288.jpg


ミントを手折ってさしてみましたら、
春の芽吹きが感じられて。

さあ、お片づけ、もうひと頑張りいたしましょう!
[PR]
by chatnoirN | 2010-03-04 17:01 |
b0145668_17205075.jpg


寒さに弱い体質でこの数日家にこもっております。
そんなおりにいつかお訪ねしてみたいと思っていたお店が通販をしていらっしゃる事を知りました。
Mercerie Hige」さん。
ルンルンとサイトへ飛んだとたんにを射られてしまった2客のカップ&ソーサー。
柄といい状態といい、うれしい出会いでした。





b0145668_17254064.jpg


チェックと星。
そのときの気分によって使い分けをいたしましょう。

このMercerie Higeさん、素敵なものがたくさん。
しかもとても良心的なお値段。
是非お訪ねくださいませ!
きっとあなたもを射られちゃいますから。
[PR]
by chatnoirN | 2010-02-17 17:30 |

b0145668_4182520.jpg


器のある風景が好き。
それを眺めながらお酒を飲める場所はもっと好き。
熟女3人の「お疲れさま会」。
地ビールのさわやかさとチーズの旨味にお昼間から酔えたうれしい日。





b0145668_4215086.jpg


それぞれの喜びが少しずつ重なって。
人生ってこうやって「美味しさ」を与えてくれる。
そんな人生に感謝。
[PR]
by chatnoirN | 2009-12-22 04:26 |
b0145668_9211244.jpg

b0145668_9211234.jpg

makikoさんの器に最初に注ぐものをずっと迷っていましたが、今朝目覚めてようやく決まりました。
ハチミツたっぷりのカモミールミルク。
ワイン色の繊細で大胆な器でいただくミルクは大人の味。
小説を読みたくなりました。
makikoさんの器に合う小説は何かしら。
今度はそれを選ぶ楽しみが生まれました。
[PR]
by chatnoirN | 2009-12-15 09:21 |
b0145668_0281391.jpg


昨秋、益子のスターネットで求めた額賀章夫さんのマグ。
紅茶が恋しくなったこのごろ活躍してくれています。
不思議な事に、神楽坂の家の時よりもずっと部屋に溶け込んで見えます。
モノトーンの部屋と渋い器。
色の共鳴でしょうか。
少しずつ暮らしが息子色になって行きます。
[PR]
by chatnoirN | 2009-09-04 00:31 |
b0145668_9393822.jpg


扉を開けたとたんに「青」の世界が広がる。
鈴木麻起子うつわ展 “ここから”」はそんな展覧会でした。

More
[PR]
by chatnoirn | 2009-08-07 09:49 |