カテゴリ:場所( 208 )

b0145668_2323270.jpg


「海の古書店」でご縁をいただき、身の周りからアンティークが旅立ち、今ぽつねんと「私のもの」だけになった棚をみると、どこかほっとしている自分に気づきます。
役目を果たして安堵いたしましたのでしょう。

アンティークのもつ物語性をお伝えしたくて綴ってまいりました「アラカルト」もそろそろお役目を終えてもよいのではないかしら、そんなことを考えだしたのは風が遅い秋を運んできてくれたころからでした。

ものを売るのではなく、ものの心をお伝えしたい。
それはアトモスフェールのころからの変わらぬ想いでした。
そしてその想いをうけとめてくださるみなさまのおかげでこんなにながくブログを続ける事ができました。

一番最初の記事「秋のひざしの中で」をアップしたのは2005年10月16日。
それから約5年間。
私のつたない記事にあたたかい眼差しをむけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。

明日は恩師のお墓参り。そして大学時代の同窓会。
30年前に志しを同じくして集った仲間達もそれぞれに自分の花を咲かせてきました。
私の花は何だったのかしら。
もちろん愛する家族であり、友達との関係であり、アトモスフェールであり…。
でもまだまだ努力をしなければならない何かがあるような気がいたします。

それはおそらく本をお伝えする仕事。
そのことを確信をしたこのごろ。
もっと本を読み、もっと本の言葉を聞く。
そんなことに時間をとって暮らしたいと思います。

空に浮かぶ白い月。
本とはそんな存在であってほしいと思います。
目立たずにしかし高く照らし続けるもの。

「海の古書店」は晩秋に臨時営業いたします。
そこが私のいるべき場所なのだと願います。
どうぞその折りにはぜひお遊びにいらしてくださいませ。

この秋に長男とパリ、バルセロナを旅する事になりました。
少々ぼんやり気味の母に喝をいれてくれるつもりなのでしょう。
あちらで出会ったかわいい絵本なども連れ帰ることができましたら、あわせてご紹介したいと思っております。

11月のおわりくらいに気が向かれましたら「海の古書店」の扉を開いてくださいませ。
黒猫おばさん「chatnoirN」がうたたねをしながらのお店番。
どうぞおたたかいお茶でもご一緒に。


みなさまのこれからがますますうつくしいものでありますように。
そして世界中の子供達に笑顔がもたらされる未来でありますように。

これまでいただきました励ましのお言葉にたくさんの感謝をこめて。

Noriko Nakagawa
[PR]
by chatnoirN | 2010-09-19 23:24 | 場所
b0145668_064428.jpg



b0145668_065591.jpg



b0145668_065957.jpg


11、12日はご近所の大鳥神社の祭礼でした。
市が立ってにぎやかな境内は浴衣や法被姿の人たちに染まって。
マジックボールや金魚の鮮やかな色。
金魚すくいのおじさんの講釈。
どれもが胸に幼い日の甘い夢を思い出させてくれました。
[PR]
by chatnoirN | 2010-09-13 00:13 | 場所
b0145668_2521345.jpg



b0145668_252161.jpg



b0145668_2522373.jpg



b0145668_2522925.jpg


東京藝術大学のキャンパスは美術館やカフェ、ギャラリー、そして音楽堂といった設備が充実しそれらが一般の人にも開放されています。
建物も古いものが多く、いたるところに日本の伝統色が感じられます。
新しいギャラリーはモダンなつくり。
中では大学関係の作品やグッズを求める事ができます。
学食もカフェテリアのようでお洒落です。
秋の散策におすすめします。
現在美術館ではシャガールの展覧会が行われています。

東京藝術大学→
[PR]
by chatnoirn | 2010-09-08 02:58 | 場所
b0145668_234657.jpg



b0145668_2341824.jpg



b0145668_2342364.jpg


西洋美術館を訪ねました。
学生時代にこちらのロビーで試験勉強をさせていただいておりましたのでとても懐かしい場所です。
「カポディモンテ美術館展」と常設展をゆっくりと鑑賞。
ポスターにもなっているパルミジャニーノの「貴婦人の肖像」は引込まれるような力を秘めたたいへん美しい作品でした。
常設展もレベルの高い松方コレクション。
モネ、ゴーギャン、ルノアール、ピカソetc.
さらに屋内外でロダンの作品を存分に楽しむ事のできるありがたい美術館です。

国立西洋美術館→
[PR]
by chatnoirn | 2010-09-08 02:48 | 場所
b0145668_3503733.jpg



b0145668_3504893.jpg



b0145668_3505139.jpg


いつもの席にいつもの顔。
故郷の夏。
[PR]
by chatnoirn | 2010-09-06 03:54 | 場所

b0145668_2522313.jpg




b0145668_2523658.jpg


空の波と水の波とが呼応する空間。
青色の広場。

東京オペラシティ→
[PR]
by chatnoirN | 2010-08-28 02:55 | 場所
b0145668_2395923.jpg




b0145668_240647.jpg


こんな素敵な佇まいの図書館がそばにあったら、きっと入り浸ってしまう。
おじいちゃんもおちびちゃんも楽しそうにこの扉に吸い込まれて行きました。

江東区立深川図書館→
[PR]
by chatnoirN | 2010-08-28 02:44 | 場所
b0145668_19161658.jpg





b0145668_19161963.jpg


海辺に住む友人から「海の家の仲間たちに挨拶に行って来ます」とメールが届きました。
今日で夏休みが終わる友人にとって、海の家に立ち寄る機会はまた来年。
巡る季節のどこかひとところで出会う人たち。
そんな出会いはその季節の色をしています。
たくさんの思い出をはらんで、海はもう次の季節の波を作り始めていました。

本日、海の古書店の最終更新を終えました。
たくさんのご来店にあらためてお礼申し上げます。
ご注文の受付は8月28日(土曜日)午後24時までおこなっております。
お心にとまるお品がございましたらメールにてお知らせくださいませ。

夏営業の「海の古書店」ですが、今年は晩秋に小さく臨時開店する予定でおります。
そのおりにはまたお知らせ申し上げます。
お遊びにいらしていただけましたら幸いです。

みなさまから楽しい夏の出会いをいただき心より幸せな店主でございました。
ほんとうにありがとうございました。
みなさま、どうぞよい秋を。

感謝をこめて 海の古書店店主


古書と古物と波の音。「海の古書店」は8月28日までゆっくり営業中です。
[PR]
by chatnoirn | 2010-08-25 19:32 | 場所
b0145668_3342876.jpg




b0145668_3343299.jpg




b0145668_3343595.jpg


昨夕散歩をしていましたら、
お月さまもずっと一緒で。
ながめていると
月のうさぎの耳のあたりが
見えたような。

月のうさぎは来月の本番にむけて
ぺたんぺたんとお稽古中でしょうかしら。
[PR]
by chatnoirN | 2010-08-22 03:41 | 場所
b0145668_1545073.jpg



b0145668_1545572.jpg



b0145668_1545736.jpg


恵比寿駅から少し歩いたところに「アメリカ橋」という名前の橋があります。
最初に架けられた橋がセントルイス万博に出展された橋だったことからこの名前がついたのだそうです。
今の橋は2代目。
その橋を眺めながら食事ができるお店があります。
ずっと行ってみたいと思っていました。
でもね、写真の通り居酒屋さんなのです。
その名も「十兵衛」。
ちょっと一人では…。
そこでともだちにつきあってもらいました。
殊勝にもジンジャーエールを飲みながら、橋の上を行き交う人や車を見ているとどこか別の場所に来たような気分。
橋には不思議な力があって、心がやさしくワープしました。
[PR]
by chatnoirn | 2010-08-21 02:03 | 場所